ピアノを知るべし

 ごく一般的な話だが、ピアノは他の多くの楽器とは取り巻く環境が著しく異なる楽器だと思う。

 マロニエ君がまずここで言いたいことの最大かつ根本的な要因は、ピアノは演奏者自身が楽器をいじらないという運命にある点である。そしていじらないことで楽器に対する関心が自然に育つということがなく、勢い楽器との距離ができることになる。そのぶん、ピアノ弾きはただひたすら指先の技術的修練のみに明け暮れることになるのかも・・・。
 弦楽器も管楽器も、みんな自分の楽器の健康状態や音色や個性、個々の楽器の管理などに常に強い関心を持ち、愛情を注ぎ、注意を払い、そこからまた好みやさまざまな要求、ときには強烈な欲望や不満までもが出てくるのが常である。ところが、ピアノはそれ一台で内なるオーケストラでさえある楽器の帝王であるにもかかわらず、多くの場合、使い捨ての工業製品同然の過酷な扱いを受けているのである。

 例えば、車がエンジンをかけてアクセルを踏めば走るのが当然のように、ピアノも多くの専門家でさえ、キーを叩けば音が出るのが当然の発音機械のように捉えてしまっているが、こんなことは別の楽器ではちょっと考えられない。

 私見だが、最大の原因はその圧倒的な大きさ/重量ゆえに自分の楽器を持ち運びするということが宿命的に出来ないというところにあるのではないだろうか・・・。ピアノを弾く人は、自宅以外では各所にあるお仕着せの楽器を有無を言わさず演奏せざるを得ないため、いつしか個々の楽器の個性や優劣に関心や執着がなくなるし、さらにいえば無くす以前にそもそもそのような感覚が育っていない。さらにはアクションをはじめとするピアノ特有の複雑な機構が素人の介入を許さず、専ら技術者の専任領域として聖域化されていることもあるだろう。
 こういうことが日常化して、自分の楽器にさえもさほどの関心や愛情を持てなくなってしまうことが多く、せいぜいアップライトかグランドか、あるいは日本製か輸入物の有名ピアノか・・・程度の関心しかお持ちでないことが圧倒的多数であって、これはまったく驚くべき事だと言う他はない。
 要は大多数のピアノ奏者にとって、「楽器」は「道具」と同義語なのだ。

 さらに、例外はあれども、日本の楽器メーカーの作るピアノの大半が丈夫で均質なだけが取り柄のきわめて表現力に乏しいピアノであり、しかもそれが大多数の日本のピアノ弾きにとってのスタンダードと化してしまっている点が、このような傾向にさらなる追い討ちをかけていると思う。
 たしかに、頗る頑丈でピアノにとって過酷な日本の気候の中で、長年の酷使に耐え抜き、ほとんど持ち主を裏切ることがないという、要は日本車とまったく同様の信頼性を備えた頑健な工業製品であるのはたしかに立派なことではある。むろんそれはそれで大変高度な技術の賜物であるし、その偉大さは大いに認めるところだが、同時にその代償として多くの日本人が表現性とか音色に対するデリカシーなど、いわゆるピアノ演奏上不可欠の音色づくりやタッチの妙技という重要な項目を見落とし、いつしか音階を持つ打楽器にしてしまったように感じられてならない。
 最近のことはよく知らないが、マロニエ君がレッスンに通っていた頃は、独裁者のごとく恐ろしい先生から、ピアノのためと称してそれこそ家庭内のプライベートな部分にまで事細かに干渉されることもしばしばだったが、さて本質的な音楽それ自体の指導やタッチコントロール、さらにはピアノという楽器本来の精妙な音色のあれこれや鳴らし方などに触れられたことはついに一度もなかった。

 念のために言っておくが、マロニエ君はなにもいまさらピアノ弾きの人達がピアノの構造の技術的勉強をすべきだと言っているのではない。 
ただ、自分がピアノを演奏するにあたって最低限の機構的理解や基礎教養というのは、表現技術の一助として絶対不可欠であると言いたいわけである。
 例えばピアノの発音機構がいかなるものかを知るだけでもピアノを弾くときの接し方に違いが出てくると思うのであるが、実際はピアノの音はどうやって出てくるのか、初歩的な原理すら知らない人が本業の中にも実に多いのである。飛行機がなぜ大空に舞い上がるかという理屈を知らないパイロットなどあり得ないが、ピアノに限っては同様の非常識がまかり通っているのが現実なのだ。

 ピアノの技術者によると、調律に行く先々で、音の好みや何らかの要求をハッキリ持っている人はプロ級でもまずほとんどいないのだそうで、タッチから音色まですべてを技術者任せらしい。楽といえば楽だが、それなりの技術者にとっては腕のふるい甲斐もないらしい。
 人から聞いたおかしな話だが、あるピアノの先生宅に二台の異なるメーカーのグランドピアノが並んでいて、それら二台がまったく似ても似つかぬタッチと音色に調整されていたので、どのような意図でそういう区別をされているのか尋ねてみると、ひと言「調律する人が違うから・・・」という理由だったそうで、その人は驚きのあまりひっくり返りそうになったそうである。
 しかし、こんな笑い話のようなことが現実にはそこらじゅうに溢れているのがピアノを取り巻く現実なのである。
 ああ・・・ 。