フジコ・ヘミングはどうして?

 たけしのTV番組「誰でもピカソ」にフジコ・ヘミングが二度めの出演をしているのを見た。
 マロニエ君には2つの質問がある。

1つめ。
 フジコ女史が動物好きなのは有名で、私も同類の端くれなのでこの点は親近感を覚えるところだし、そういう側面に焦点を合わせた番組作りをするのは、まあわかる。とりわけああいうくだけた番組なのだから、フジコ・ヘミングだからといって、例の彼女の生い立ちやピアノ演奏ば かりを話題の中心にする必要もいまさらないだろう。
 ただ、現実には前回同様、この日も彼女ご指名のピアノがスタジオにわざわざ持ち込まれていて、番組冒頭にはフジコ女史がピアノに向かって例の黙々とした調子で一心にピアノを弾いている映像が「リハーサルシーン」として流れた。誰だっていきなりこういう場面を見せられれば、番組中に彼女の演奏がいくらかはあるんだろうと思うのがふつうである。
 果たして、本編では優秀なお猿さんと調教師のペアが絶妙な特技を披露したり、女史がお雑煮を食べるシーンなどが延々と続くばかりで、一向にピアノの出番はない。最後の最後になって、ようやく「お待たせしました」「では!」とばかりにリストのハンガリー狂詩曲が始まった。 
 フー、やっと始まった!
 すると触りだけでいきなりCMがカットインし、またお預け。ま、ここまでは民放の常套手段なので仕方ないにしても、CM終了後、いよいよにして再び始まったのは、なんと、このわずか数分間の曲があちこちカットされているもので、これにはさすがに落胆させられた。
 雑談や冗談もいいが、視聴者やフジコ女史のピアノを愛する多くのファンに対して、せめて小品でもいいから1曲だけはキチンと放送して欲しかったと思う。

2つめ。
 これはマロニエ君のまったく個人的な、純粋な疑問であることをいまさらのようにお断りしておくが、テレビスタジオに持ち込まれたピアノは2度とも○ヒシュ○インのD280(コンサートグランド)である。TVのみならずコンサートでも○ヒシュ○インをときどきご所望だとも聞いている。
 もちろん○ヒシュ○インは世界に冠たるドイツの名器であるし、女史が過酷な運命のなか半生を過ごされたのもそのドイツ、さらに現在はご自身でも同社のアップライトをお使いだそうだし、いわゆる状況証拠からすればそういう選択も不思議はないように見える。
 しかし、マロニエ君にはどうしてもあの新しい○ヒシュ○インの音はフジコ・ヘミングに向いた音とは思えない。もちろん一般論として○ヒシュ○インが素晴らしいピアノであることは間違いなかろう。しかししかし、どう聴いてもミスマッチに思われてしようがないし、一度自分で触れてみたときにも、個人的にはわからない面の多い難解なピアノだった。○ヒシュ○インのアップライトはこれとはまったく違う個性というか、こういう素晴らしいアップライトもあるのかと思うような名器なのでこちらは大いに理解できるのだが、D280のどういうところが気に入っているのか…不思議でしょうがない。
 できれば、3度目の「誰でもピカソ=フジコ」があるときは、ピアノという楽器について女史の所感を例の本音で奔放に語ってほしいものである 。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です